特別なヒマワリ

東日本大震災後
津波で子供を失った親御さんたちが、
子供たちが避難しようと目指した場所に、ヒマワリの種を植えました。
そして見事に咲いた約2000本のヒマワリ。

ニュースや新聞で見て、ご存じの方もおられると思います。

その種が、今年の春
生野地区にやってきましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

この種は4月に
生野東住宅9号館横の空き地と児童遊園に植えられ
8月に花を咲かせました。

今年の夏、大きく育ち大輪の花を咲かせたひまわりを見かけた方はいらっしゃったでしょうか。

今はもう枯れてしまい、見ることはできませんが
その花からたくさんの種が採れました。

これが今年採れた種の一部です
ひまわりの種.jpg

採れた種は
生野区役所や小学校、生野地区の花と緑の委員会の方々などに配りました。
わーい(嬉しい顔)
残った種はまた来年の春、同じ場所に植えて頂く予定ですわーい(嬉しい顔)

このヒマワリのこと、その意味を一人でも多くの方に知ってもらえればいいなと思います。

2 人が「ええやん!」といっています。あなたも「ええやん!」をしてみませんか?
生野地区運営委員会 旧ブログ記事より

この記事の投稿者

生野地区運営委員会 旧ブログ記事より

自己紹介

メンバー募集中!
あなたも生野地区ブログに記事を書いてみませんか?
詳しくはコチラをクリック♪

この記事へのコメント一覧

コメントはまだありません

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
投稿されたコメントは管理者の承認ののち表示されます。
投稿後しばらく(数時間~数日中)お待ちください。


上に戻る